現代の日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の中には、偏頭痛(片頭痛とも表記します)をお持ちの方がたくさんいるのではないでしょうか。私も、以前は偏頭痛(片頭痛とも表記します)持ちの1人でした。偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)を持っていると、突然頭が痛くなって、とてもきついだと言えるのではないでしょうか。一日やる気(とりあえず、やる気が出なくても始めてみるというのも一つの方法です)も起こらないし、鎮痛剤(その名の通り、痛みを鎮め、軽減するための薬です)を飲んでごまかすしか方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)はないのかなと思っていました。偏頭痛も、立派な病気の一つでしょう。頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)程度で、病院に行くのは、行きづらいという方もいらっしゃることでしょうが、一度病院に行ってみる事がお勧めです。というのも、偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)の裏には、重大な病気が隠れている事もある為です。しかし、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)は、どこの病院に行けばいいか判らないという人も、少なくはないと言われているんですね。では、偏頭痛(片頭痛とも表記します)は、何科を受診したらいいのでしょう?最もいいのは、大きな病院や大学病院を受診する事によりす。中には、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)専門の医師がいらっしゃる病院ってあると思います。けれども、大きい病院や大学病院は、紹介状なしで初めて受診する場合は、加算金があるのではないでしょうか。その金額は、病院により、まちまちですが、ほとんどの病院が1000円未満です。ですので、始めてすぐは、近くの病院に掛かられると良いでしょうね。神経内科や、脳神経外科があれば、取り合えず、そこに足を運んでみてください。もしも、近くに神経内科や脳神経外科がなければ、内科か、または、ペインクリニックでもいいです。もちろん、内科やペインクリニックは、偏頭痛(片頭痛とも表記します)専門ではないのですし、行ってもみきれない事の方が多いものの、それで良いんです。医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の間には、ネットワークがあり、医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)と医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の間で、腕のいい先生と言う物は、伝わってていることでしょうね。つまり、内科やペインクリニックには、大きい病院や大学病院を診察をうける為の紹介状をもらいに行くということでしょうー